故人にとって最適な環境|多種多様な霊園を利用

遺族の負担を減らす

お墓

活用するときのコツ

京都には永代供養墓も多く存在します。永代供養墓とは、遺族などに代わり、お寺がお墓の管理と供養を行ってくれる形のお墓です。様々な点でメリットがあり、近年は選ぶ人も増えてきています。京都在住で他県にお墓がある場合、お墓の管理が負担になったり、お寺との付き合いが大変になったりして、京都にある永代供養墓にお墓を移すという手段をとる人も少なくありません。また京都のお墓を他県に移すということもあります。永代供養墓のメリットは、費用が安い、管理の手間が不要になり遺族の負担が減る、宗旨宗派を問われないといったものがあります。永代供養墓では基本的に合同墓となるため、個人の墓石代が不要となります。霊園により差はありますが、安いところならば10万円から、高くても50万円ほどで一式がおさまることが多いです。また、後々の供養が不要となるので、そのときにかかる法事代などが浮くのも見逃せないメリットです。一般に宗旨宗派は問われないので、どのような出自の人でも入ることができます。ですが、まれにそのお寺に宗旨替えする必要があることもあるため、事前に確認しておかねばなりません。遺族はお墓を定期的に清掃したりお花を変えたり法事を行ったりといった責務から解放されます。遺族が高齢の場合や遠方に住んでいる場合は特に大きなメリットがあります。活用する際は、あらかじめお墓の形や宗旨替えの必要、費用などについてきちんと調べておきましょう。また親族に確認をとることも重要です。