故人にとって最適な環境|多種多様な霊園を利用

自由度の高さも魅力です

お墓

お墓のデザインも可能です

家族や親族が亡くなると、埋葬場所が必要になります。神奈川県では、霊園も複数が見られますが、大切なお骨を納める場所としても選択が必要です。神奈川県では、公営から民営、あるいはお寺などの寺院での霊園が存在しています。公営施設としての霊園使用については、規定に沿った内容で利用する事になりますので、希望よりも規定枠内を探す事になります。公営の場合には、費用面での優遇が大きなポイントになるといえます。神奈川県で霊園を使用する場合にも、埋葬時に限らず、様々な場面で供養の機会があります。永続的な使用を希望するなどの場合には、費用が安い方が管理もし易い状況となります。専門業者が取り扱う霊園は、神奈川県にも複数が見られます。都心部にも近い立地から、利用者も増えていますが、利用の際の契約内容は予め十分確認しておく必要があります。大きく気になるポイントとしては、費用面がありますが、墓石代や使用料、管理費や永代供養の費用についても明確にしておきます。折々の供養に際しては、お布施という形で支払いが発生する事も多いですが、具体的な数字としての確認も予めに行っておく事が重要です。お布施の場合には、明確に決まった数字が無いというケースがありますので、契約書などの内容確認もしておく事が後々にも大切な作業です。民間の専門業者の場合には、宗派の規定などが無い事がほとんどなので、当初の決定以後は自由な使用ができる状況も多くなります。例えば、お墓のデザインなども自由にできる、屋内での納骨が可能になるなど、霊園を利用するに当たっての自由度が高い点も評価できます。お寺の場合には、宗派によって、あるいは檀家さんとして利用する場合が多くなります。しかし、お墓の設置、その他法事などの場面でも、場所やお坊様の確保が可能になるため身近な利用ができる事が利点に繋がります。